高給取りになりたいならタクシードライバーへ転職しよう

タクシードライバーという職業

タクシーはよく街中も走っているので、馴染みが深いです。お客さんを目的地まで安全に乗せて走るという使命があり、乗車中のお客さんとコミュニケーションをとる事ができます。おしゃべりが好きな方には特にオススメな職業です。

タクシードライバーへ転職するメリット

高年齢でも採用されやすい

一般的な会社だと、40代からでは採用されにくいです。ですが、タクシー会社には年齢による制限がないので、高年齢からでも始めることが出来る職業です。会社によりますが、60代でも採用しているタクシー会社もあるので年齢により奥手になっている方は安心してください。

給与などが好待遇

タクシー会社は採用されやすいのに、給与などの待遇面がいいです。遠方からでも働きにこれるよう、寮を完備している会社もあります。給与は歩合制のところが多く、頑張れば頑張るほど上がっていきます。売り上げた分の5~6割が自分の給料となる会社が多いです。給料から車の維持費やガソリン代などが引かれることはないです。

勤務中のほとんどが一人

会社には同僚や先輩などがいますが、勤務中で会社にいるのは始業と就業の時だけです。なので、ほとんど一人での行動になるので、自由度が高いといえます。人に指示を出されず、自分のペースで仕事をすることが出来ます。休憩時間も自分の好きな時にとれるでしょう。もし売上が下がったとしても自分の給料が減るだけなので、文句を言われることも少ないでしょう。

未経験歓迎で資格が必要ない

転職する時には、転職先に合わせたスキルが必要になりますが、タクシードライバーにはそういったものが必要ありません。お客さんを乗せるためには二種免許が必要になりますが、会社に入ってから取る方がほとんどです。会社が免許取得にかかる費用を負担してくれることが多いです。

高給取りになりたいならタクシードライバーへ転職しよう

タクシー

デメリットもある

ここまでメリットを紹介してきました。他にも沢山メリットがありますが、デメリットもあります。ここからはいくつかデメリットをあげていきます。一日中座りっぱなしの仕事なので、腰に負担がかかります。腰に爆弾を抱えている方は疲労がたまりやすいので気をつけましょう。また、座りっぱなしということは、血の流れが悪くなるので、足がむくんだり将来的に血栓が出来る心配などが挙げられます。

体の負担を減らす

他の座りっぱなしの仕事は、こまめに休憩を取ることが出来ません。ですが、好きな時間に休憩を取ることが出来るタクシードライバーは、たまに外へ出てストレッチなどをする事が出来ます。数分しか掛からないので、売上に影響することも少ないでしょう。体が資本の仕事でもあるので、健康を第一に考えながら働く事が大事です。

出勤日数が少ない

タクシードライバーは、他の仕事と違い独特な出勤形態になっています。1日出勤したら翌日休みということが多く、連続で出勤する事がないのでしっかりと休んで疲労を回復することも出来ます。1ヶ月の出勤日数は、大体12~15日となっています。この少ない出勤日数ですが、しっかりと稼ぐ人は年収で600万円ほど稼いでいます。

広告募集中