タクシー運転手への求人が多い

タクシー運転手は他の業種に比べて多くの求人が出ています。また、入社するための敷居が低いので、転職でも入りやすいと言えます。これからタクシー運転手へなろうか考えている方はこの記事が参考になるでしょう。ここからはタクシー運転手に向いている人の性格を紹介していきます。

タクシー運転手に向いている性格

no.1

真面目な人

タクシー運転手は基本的に一人で行動します。なので、真面目な人は会社の人に見られていなくても、しっかりと業務を行なうことが出来るでしょう。真面目に働いていると必ず売上は上がっていき、給料も上がっていくので向いているといえるでしょう。

no.2

記憶力が良い人

多くの道を覚えなければいけないタクシー運転手は記憶力がいい人は向いています。大通りだけでなく、時には急いでいる人を早く目的地へ連れて行くために裏道などを使うこともあります。なので、できるだけ多くの道を覚えられるといいでしょう。最近のタクシーはカーナビが付いていることが多いので利用するのもいいでしょう。

no.3

愛想がいい人

タクシー運転手に対して愛想を求めている人はあまり多くないでしょう。ですが、愛想が悪い運転手と愛想が良い運転手だとどちらのタクシーに乗りたいと思いますか?もちろん後者です。自分から付加価値を付けていくことで、固定客を掴むことが出来るのです。固定客が多いと安定した収入に繋がります。

[PR]お得な免許合宿プランあり!
車の免許をすぐ取得しよう♪

[PR]タクシー運転手の求人情報を多数公開♪
専任スタッフが転職を徹底サポート☆

タクシー運転手の1日の流れや転職するために必要な免許

初心者マーク

タクシー運転手として働くためには?

タクシー運転手として働くためには、第二種運転免許が必要になります。ですが、第二種運転免許を持っている方はあまり多くありません。なので、多くのタクシー会社は入社してから二種免許を取るための支援制度があります。自動車学校へ通って取る事が一般的ですが、最近では免許合宿で取る方も増えています。

早く免許を取ることが出来る

免許合宿とは泊まり込みで免許を取るための講習や実習をおこないます。なので通学する自動車学校よりも短期間で免許を取得する事が出来ます。これは、二種免許に対応している免許合宿なら同じく早く取得することが出来ます。なので、早くタクシー運転手として働きたい方にはおすすめ出来ます。

タクシー運転手~仕事の流れ~

始業

まず仕事はこの始業から始まります。始業では、アルコールが残っていないか呼気検査を行ないます。これで反応が出てしまったらその日は出勤できません。なので、前日のお酒はほどほどにしないといけません。呼気検査が終われば車の点検を行ないます。お客さんを乗せて走る車に異常があったら大変なので、しっかりと確認しましょう。

出社

点検が完了すればいよいよ出社となります。ここからは一人の時間が続きます。基本的には車を流してお客さんを見つけたら乗せるということを繰り返します。仕事に慣れていくと、お客さんが多い場所や時間帯などを覚えてきて、いつも車を流すルートが決まってくるでしょう。通勤時間帯や夜はお客さんが多くなるので稼ぎどきです。

休憩

休憩は自分の好きなタイミングで取ります。お昼と夜で2回とってもいいですし、一度にたっぷりとって仮眠などを行なうのもいいでしょう。自分にあった休憩方法を見つけましょう。勤務が終わる時間帯になったら、会社へもどります。

終業

会社へ戻ったら、今日の1日の売上を精算します。精算が終わったら、車を洗車して勤務が終わりになります。汚い車は乗客の方へあまりいい印象を与える事が出来ません。また、タクシーは皆で使うものなので、しっかりと綺麗に洗いましょう。これでタクシー運転手の1日の流れは終わりです。

広告募集中